スタッフボイスフォト

スタッフボイス

2009.07.22  Show time

皆既日食

日本では46年ぶりと云われる皆既日食を観察した。日本のほぼ中心に位置する地元では、ダイヤモンドリング、コロナは観測出来ないが、幻想的な日食を観る事が出来た。

皆既日食皆既日食

この日の天気予報は微妙・・・。観測出来るのか?と、不安を感じる。朝の朝礼にて、スタッフのひとりに日食監視班を任命し、日食が観測出来そうな場合、「日食観測タイム」を行う事にした。日食が始まりそうな5分前、ハコアスタジオにチャイムが鳴る。作業は全面停止。「日食、はじまりまーす」と、全員、外へ集合のアナウンスが流れる。この時私は、クライアント企業のデザインプロデュースの会議中だったが、中断させて頂き、クライアントと共に、観測開始だ。それぞれにサングラスやフィルムを持参して空を仰ぐ。この日は微妙な薄雲が空を流れていた。日食が始まると辺りが薄暗くなってくる。幻想的なショーの始まり。薄雲が程良くフィルターになり、サングラス無しでも観測出来、写真も撮れた。ツイてる!

皆既日食皆既日食

ワイワイと空を見上げるスタッフ達。一斉に同じ動作をする事は無いが、この時は全員で空の一点を見つめた。口を開けている間抜けさもあったが、非常に楽しそうで、共感する朗らかな時間だ。思い切って「日食タイム」を行って満足だ。わずか10分程度のショーだったが、今回のように皆で一点を見つめて、共に楽しめ、歩むブランド・ファクトリーになればと思い、空を見上げた。

日食タイム日食タイム日食タイム日食タイム

この時、マイケル・ジャクソンの「スリラー」を用意して、流せば良かったと後悔する程に、映画のワンシーンを感じる時間だった。