スタッフボイスフォト

スタッフボイス

2009.09.01  KAWADA Art Camp

河和田アートキャンプ

2005年7月18日早朝、突然の大雨で甚大災害を受けた。僅か3時間程の雨で河川が決壊し、大洪水が街を飲み込んだ。ハコアのある河和田地区は1500年の歴史を誇る漆器の街。その漆器産業に深刻な打撃を受けた。私達は自然に破壊された街を観て、茫然と立ち尽くした。災害直後から多くのボランティアの方々が災害復興に来て頂けた。涙が出る思いで感謝の日々であった。その翌年に京都から多くの有志を持った学生達が集まり、アートの力で落ち込み、塞ぎ込みな私達住民を元気付けようと、街中でアート活動を始めた。元々、お祭り事が好きな人情味ある地元の住民は彼らの活動をサポートし、協力し合い、楽しむイベントが始まった。

河和田アートキャンプ河和田アートキャンプ

「若さ」という力は、劇的に人の心を動かす。災害から5年が過ぎたが、毎年人が増え、活気着いて賑やかな夏が訪れる。その年事にリーダーも代わり、活動内容が変わる。神社下にある大きな古民家には40〜60人が寝泊りし、夏を過ごす。彼らは生活を共にし、チームにて活動企画を夜通し語り合っている。街中の古民家を使った「民カフェ」や古い蔵を改造し「蔵バー」、地元の素材を使ったオブジェ作りやスタンプラリー等、それぞれが地元の人では気付かない街の財産を活かし、私達に驚きを与える。街中には学生が溢れ、沢山のオブジェと人間色が街をもり立てる。夏が来るのが楽しみだ。

蔵バー蔵バー

ハコアでは彼らの想いに感動し、初年度から彼らをサポートしてきた。オブジェ作りの素材提供や工房の使用、道具を貸出し、一緒に作業に関わる。彼らと受け身で関わると、若さが持つ感性に自分自身の若い頃を思い出し、懐かしく感じ、根拠の無い期待感が溢れる。反面、歳を感じ、寂しさも溢れる。実に不思議な気持ちになる。おじさんにこのような影響を与えるのが「若さ」なんだろうと羨む。

河和田アートキャンプ河和田アートキャンプ

今年は2人の若者が、ハコアにてカフェを企画してくれた。「口笛喫茶ハコア」と名付けた。8月27日から9月5日までの限定開催で行われた。ハコアスタジオ・オープンの際にはカフェオープンの宣言をしてしまったが、ハコアの商品を製作する多忙な日々にて、カフェオープンを進められないのが現状。ハコアファンの方々から「いつオープンですか?」と、よく問い掛けられ、恐縮する日々。そんな中で二人の若者が、期間限定ではあるが。カフェを行ってくれる事に大きな喜びと、感謝をお伝えしたい。

口笛喫茶ハコア口笛喫茶ハコア

彼らは、京都精華大学の学生さん。将来的にはカフェを行いたいという夢もあり、開店までの準備やメニューの組み立てはなかなかのもの。彼らの想い、計画を聞き、ハコアスタッフで家具作りを行った。入口の壁面には、昨年、京都精華大学を卒業し、現在はトヨタのテキスタイルデザイナーとして活躍している女性の作品を展示し、回廊を作った。その隣には暑い夏の街中を歩いて訪れた方々に喉を潤して頂こうと、地元の湧水を設置した。毎日、名水湧き出る地元の山へ自転車で40分も掛け汲んで来た事には頭の下がる思いだ。

Hacoa入口口笛喫茶ハコア

ハコアスタッフが作る家具は、漆器の素地にも使われるシナ工芸板を使用した。出来るだけシンプルに気取り無く設計した、ダイニングチェアータイプとソファータイプの2種。プライウッドの木口の良さを活かし、象徴的。今回は塗装を行わず、木地の触れ合いを楽しんで貰おうとの想いだ。何度も試作を繰り返し、角度や座面の高さを調整して来た。苦心の作だけに座った際には、ホッとする座り心地に仕上がってます。出来上がった椅子を見ていると「生きているなぁ」と思う。ハコアでは普段、小物の商品開発を行っていて、家具は特注依頼を請けた際に設計製作するので、ハコア企画にて椅子づくりは今回が初めて。そのような事もあり、今回製作した椅子を眺めていると、「やはり椅子は生き物だなー」と感じ、椅子づくりの魅力を改めて実感する。僕達、製作した側が良いモノが出来たなぁとの思いは、沢山のお客様に伝わり、「販売しているんですか?」と聞かれました。まだまだ、調整を重ね、近い日に「ハコアの家具」として発表したいと思います。

カフェ作品家具家具

開店日には沢山の人に訪れて頂いた。ハコアスタジオ前の駐車場にまで列を作って、入場待ちの状態を観た時には、予想外の出来事に驚き、焦った。次の日からは、学生さんが2人から6人に増員されて、ハコアスタッフもお手伝いをした。スタジオオープン以来の入場者だった。幸い、期間中は、天気も良く、ガラス越しに田舎の山々の風景とキラキラした緑を多くの方々に「ハコア口笛喫茶」を楽しんで頂けたのではないかと思う。人が集まり、人が楽しめる空間づくりがハコアブランドの意思。若さが作り出す、楽しさと思い出づくりで今年の夏が終わった。地元復興の為に遠くから来て頂き心力尽くして頂ける学生の方々に感謝したい。また、来年!

ハコア口笛喫茶ハコア口笛喫茶