【日本工芸産地博覧会2021】ワークショップ「無垢の鉛筆づくり」

【日本工芸産地博覧会】ワークショップ「無垢の鉛筆づくり」

史上初の工芸産地体験型イベント「日本工芸産地博覧会」

全国から職人が集い、ひとつの産地をつくる
-2021年11月26日~28日大阪万博記念公園で開催-

Hacoaは、史上初となる全国50を超える工芸産地が集う体験型イベント「日本工芸産地博覧会大阪2021」にブース出店いたします。
私たちが商いとする木工をはじめ工芸の数々は、全国約300の工芸産地で生み出されています。
体験型イベント「日本工芸産地博覧会」は、この工芸産地から、北は北海道、南は沖縄まで50を超えるつくり手が一堂に会し、一つの大きな産地をつくり上げる、史上初のイベントです。
コンセプトは「日本の工芸が、今を生きる姿を見よ。ここでの体験が全て、未来の産地をつくる」
普段は産地に行かないと見られない・体験できないものづくりの様子を特別に開放し、職人に学ぶワークショップや実演・物販、産地に根付いたフードマルシェ、工芸を学ぶカンファレンスなど、圧倒的な数の工芸体験をご用意しています。
職人の技を見て、話を聞き、工芸の面白さに触れ、いつか実際の産地に足を運びたくなること目指して。
かつて万博が開催された大阪の地で、日本の未来における文化の礎となることを願い、開催いたします。

【ワークショップ】無垢の鉛筆づくり

Hacoaイベントブースでは、職人から直接レクチャーが受けながら鉛筆をつくるワークショップを実施します。

誰もが幼い頃から使ってきた身近な道具「鉛筆」。
ですが、鉛筆を自分で作ったことがある人は意外と少ないのではないでしょうか?
自分で作り終わる頃には、身近すぎて当たり前だった鉛筆が特別な存在になっているはずです。
チェリー・ウォールナットの無垢の木を使って、こだわりの鉛筆を作りましょう。

※鉛筆の濃さ:B
※1人につき複数本の製作も可能です(1本500円(税込))
※数量には限りがあります

日本工芸産地博覧会 大阪2021

日程:2021年11月26日(金)、27日(土)、28日(日)
場所:大阪万博記念公園(大阪府吹田市千里万博公園1-1)
入場料:無料 ※別途公園入園料(大人260円・小中学生80円)が必要
内容:日本全国の工芸品の展示・販売、ワークショップイベント、マルシェイベント、カンファレンスイベント
出店:工芸メーカー53社、フードマルシェ約10店
WEBサイト:https://kougei-sunchi.or.jp/expo/